パパイヤの葉の炒め物(中部ジャワ料理)

0
     
    今日はパパイヤの葉を料理してみました!


    20140408パパイヤの葉


    パパイヤの葉は苦味が非常に強いですが、万能薬といわれ南国では古くから色々な病気の

    民間療法などに使われていたそうです。


    パパイヤの葉の料理は中部ジャワだけでなく、スマトラやスラウェシなど

    色々なところで食べられていますが、今日の料理は中部ジャワのジョグジャカルタ出身の

    女の子に教えてもらったレシピなので、中部ジャワ料理という事で・・。

    いつもの市場のおばちゃんに「プテー豆を忘れているわよ!」と言われましたが

    今日は入れません!


    材料はこちらです ↓


    20140408パパイヤの葉


    左がパパイヤの葉。

    少しでも柔らかくて苦味を少なくするために、葉っぱはなるべく若いものを選びます。

    右上の小皿の中身は牛皮です。


    その他の材料は左から


    赤唐辛子(小)、ばんうこん、赤玉ねぎ(小)、ガランガル、赤唐辛子(大)

    にんにく


    です。

    すべてスライスします。


    まずは、パパイヤの葉の苦味をとるために塩をたっぷりかけて

    手でギュッギュッと塩もみします。

    ある程度もんだら水洗いしてギュッとしぼり、また塩もみ、という作業を

    3〜4回繰り返します。

    その後、たっぷりのお湯をわかし、塩をたっぷり入れて30分ほど葉を茹でます。

    茹でた後はまた水洗いをしてからギューッとしぼって水気を切ります。

    こんな感じです ↓


    20140408パパイヤの葉


    中華なべにサラダ油を熱して調味料類をすべて入れて炒めます。

    香りが出たら、牛皮とパパイヤの葉も入れてさらに炒めます。

    そこに水を500mlほど入れて弱火で30分ほど煮込みます。


    20140408パパイヤの葉


    塩少々、コンソメ1個、パームシュガーを入れて味を調えます。

    こちらがパームシュガー。小さじ2杯分くらいを削って入れます。


    20140408パパイヤの葉


    出来上がりです!


    20140408パパイヤの葉


    お味の方は・・苦い・・・。

    でもいつものジャワのお針子さん曰く、こういう味!という事なので

    成功したようです。

    牛皮はコリコリとした歯ざわりを楽しむために入れるだけで

    牛皮なしで野菜としてよく料理されるそうです。


    インドネシアやタイ、沖縄などでパパイヤの葉でお茶を作って飲むそうなので

    今度はお茶に挑戦してみたいと思います。



    DUNIA〜インドネシア衣類&雑貨〜
    http://www.dunia-bali.com/index_jp.html


    コメント
    コメントする








       

                                                   

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    counter

    ブログパーツUL5

    画像一覧

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Rendang Jengkol / ジェンコル豆のココナッツミルク煮(パダン料理)
      DUNIA
    • Rendang Jengkol / ジェンコル豆のココナッツミルク煮(パダン料理)
      中島マウラナ
    • 蝋引き紐・ワックスコード
      DUNIA
    • 蝋引き紐・ワックスコード
      cenpaka
    • がんばって君2号!
      Maki
    • がんばって君2号!
      Atsuko

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM